【東京】第23回統一マダン東京ポスト企画に参加しました

第23回統一マダン東京ポスト企画、韓青東京は司会

去る6月12日に第23回統一マダン東京が成功のうちに無事終了しました。今回その後の学習企画として、第23回統一マダン東京ポスト企画が7月16日(土)に開催されたので参加してきました!韓青東京は参加してきたというか、主催側なのですけど。ということもあって韓青東京で司会をやりました。

ポスト企画

ポスト企画

毎年プレイベントとして統一マダン東京が始まる前に開催していましたが、今回は少し変わってポスト企画となりました。統一マダン東京のテーマは「朝鮮半島の統一、民族の和解、平和なアジア、差別のない社会へ」ですし、今回は「停戦から平和、対決から対話」というのも頭に入っています。そのテーマの通り、未だ停戦協定のままである朝鮮戦争について講演会を開催してこの緊張状態の解決のため学習しようというものです。

講演企画「朝鮮戦争と日本〜在日朝鮮人史から考える〜」

鄭栄桓明治学院大学准教授の講演

鄭栄桓明治学院大学准教授の講演

今回その方面で専門の先生、明治学院大学准教授の鄭栄桓氏をお招きして「朝鮮戦争と日本〜在日朝鮮人史から考える〜」を講演していただきました。
講演は「平和国家としての日本」は果たして本当にそうなのかといったところから始まり、朝鮮戦争期の日本、そしてそこに住む在日朝鮮人について話されました。植民地から朝鮮戦争、そして現在まで停戦協定として続くというマクロな見方から、「長い朝鮮戦争」をどう終わらせるか、という講演でアカデミックな内容でした。大学の准教授をやってらっしゃる方なので当然だけど。

終わりに

その後、質疑応答や団体アピールを行ってポスト企画は終了。その後三河島地域らしく韓国料理屋で交流会を行って終わりました。朝鮮戦争を漠然と祖国で起きた戦争と捉えるのではなく、私たち在日同胞にとっても直接的に関わりがあること、またこの時の体制が現在まで続く在日同胞状況の大きな基幹になったという点を改めて勉強することができました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 안녕하세요! 1980年5月の光州民衆抗争から40周年を迎える2020年5月、私たち韓青では「光州…
  2. 1980年5月の光州民衆抗争から40周年を迎える2020年5月、私たち韓青では光…
  3. 안녕하세요! 私たち韓青は2月22日~24日にかけて、第56回韓青全国冬期講習会 コリアンユースフェ…

Facebookもチェック

ピックアップ記事

  1. 2020-5-6

    光州民衆抗争40周年記念 5.18アクション「5月から統一へ2020」リレートーク一覧

    https://youtu.be/b310V1V8dac https://youtu.be/i…
  2. 2020-5-1

    光州民衆抗争40周年記念《5.18アクション2020「5月から統一へ」》を行います

    1980年5月の光州民衆抗争から40周年を迎える2020年5月、私たち韓青では光…
  3. 2020-4-13

    【4月革命60周年記念オンライン集会】を開催します

    안녕하세요! 1960年の韓国4月革命から60年を迎える4月19日、韓青では「4月革命60周年記…
ページ上部へ戻る