10.4南北共同宣言9周年記念在日同胞青年学生統一文化公演「統一の世は、歌につれ」を開催し、南と北の青年学生に送るアピール文を発表。

さる10月10日、6.15青年学生協議会が主催する《10.4宣言発表9周年記念在日同胞青年学生統一文化公演「統一の世は、歌につれ」が、東京都内・日本教育会館で800人の同胞青年学生たちが集まる中で、盛大に開催されました。

公演では、解放そして分断から71年、統一を求めて闘ってきた歴史の中で、南北海外の青年学生たちが歌ってきた歌を、現在の統一運動を担う新世代の青年たちが歌、踊り、演奏、映像と語りという様々な形で披露することで、その闘争精神を継承し、新たな統一運動の旗手として踏み出す決意を表現しました。

私たち韓青も全国から選抜した「統一先鋒隊」が参加して、舞台上で各団体の青年・学生たちとともに歌い、踊り、躍動し、在日同胞青年の統一意志・情熱を全身で発露しました。

統一の世は、歌につれ

076.15青年学生協議会共同代表の挨拶、6.15日本地域委員会孫亨根議長の祝辞の後、開演のベルが鳴り響き、公演の始まりです。

実は韓青の参加者たちは公演当日まで全出演者が揃うことが出来なかったため、公園前の時間をフルに使って最後の最後まで練習していました。直前の追い込み?の成果もあってか、本公演ではここ一番の会心の出来を披露できました。

韓青は90年代の南北海外三者連帯運動を代表する歌、『우리의 기치/我らの旗』と『범청학련가/汎青学連歌』を朝青とともに歌い、6.15共同宣言が生み出される土台を作った歴史的な闘争を表現。

06また、続く6.15が拓いた民族の和解と交流の時代を全身で表現するために、『경의선 타고/京義線に乗って』の律動を披露。どうしてもしっとり、かっちりしがちな文化公演に南の大衆的な運動文化を取り込み、会場の空気を盛り上げました。

10今回の公演では6.15青年学生協議会に参加する各団体の出演者が合同で発表する演目も多くあり、団体の垣根を超えてともに祖国統一を目指す同胞青年学生同士で協力しあって舞台で躍動する姿が目立ちました。まさに「우리 민족끼리/私たち民族同士」の実践であり、自主統一と平和繁栄の新時代を拓く実践綱領である10.4宣言の9周年に相応しい公演になったと思います。

12全体のプログラムは以下の通りです。ちなみに、◎印がついているのが韓青の出演演目です。

重唱『아침이슬/朝露』
独唱『임을 위한 행진곡/貴方のための行進曲』
重唱『우리의 기치/我らの旗』◎
重唱『범청학련가/汎青学連歌』◎
律動『경의선 타고/京義線に乗って』◎
重唱『우리 민족끼리 힘을 합쳐/私たち民族同士力を合わせて』
男性重唱『우리는 하나의 민족/私たちは一つの民族』
二重唱『민들레 씨앗은 내 가슴에/たんぽぽの種は私の胸に』
テコンドー演武『홀로 아리랑/ホルロアリラン』
三重唱『백두와 한라는 내 조국/白頭と漢拏は私の祖国』
合唱『부르자 6.15 되찾자 6.15/歌おう6.15取り戻そう6.15』◎
アピール文『남과 북의 청년학생들에게 보내는 호소문/南と北の青年学生に送るアピール文』◎
独唱『아리랑ROCK/アリランROCK』
全体出演者『통일열차 달린다/統一列車が走る』◎

第2の6.15時代を切り拓いていく先頭に立って

6.15青年学生協議会は、ともに公演に参加した青年学生たち、そして観覧していただいたすべての方に、在日同胞青年学生のほとばしる情熱、統一に向かう意志、そして自分たちこそが青年学生統一運動の主体として先頭に立っていくんだという力強い決意を示すことができました。

私たちを取り巻く情勢は非常に厳しく、たくさんの課題があります。しかし、私たちだからこそできる、私たちが成さなければならない役割が今まさに求められています。【南と北の青年学生に送るアピール文】にその思いを込めました。

10.4南北共同宣言9周年記念在日同胞青年学生統一文化公演で確認した決意を持って、私たち韓青は6.15青年学生協議会の一員として在日同胞青年学生運動のさらなる飛躍のために努力していきます。南と北、海外の同胞青年学生がともに参加する青年学生大会合を実現するための運動の先頭に立って、第2の6.15時代を必ず拓いていく運動に邁進していきます。

参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

南と北の青年学生に送るアピール文

 われわれは、全民族が祖国の平和をまもり、統一への大通路をこじあけるためのたたかいを推し進めている今日、歴史的な10.4宣言発表9周年に際し、在日同胞青年学生文化公演「統一は歌につれ」を盛大に開催した。
2007年10月、平壌において南と北の二度目の首脳会談が実現し、歴的な宣言が採択されることによって、わが民族は6.15共同宣言の御旗に沿って、自主統一と平和繁栄の新時代を拓く実践綱領を手にすることができた。
しかし、それから9年がすぎた今、反統一勢力の悪辣な挑戦により、民族の志向と念願である6.15と10.4の履行は、その道が完全にふさがれ、南北関係は最悪の状況におかれているばかりか、祖国において同族の崩壊を狙う外勢との合同軍事演習が絶え間なく敢行され、わが民族は核戦争の危機に苛まれている。
わが民族はいま、外勢の侵略と分断の永遠な犠牲となるか、あるいは6.15と10.4が指し示す民族自主と団結の道にそって、これまで渇望してきた祖国統一と民族繁栄を実現するかという分水嶺に立っている。
われわれは今日の行事を通じて、過ぎ去った民族史を掘り返し、民族の受難と苦痛に耐えられず、自分の身をも顧みず新たな道を開いてきた青年学生がいるということをもう一度胸に刻んだ。
今こそ、われわれ青年学生が、祖国と民族の未来のため、外勢の干渉と民族分断にピリオドを打ち、悠久な民族史の新たなページを自身たちの力と手によって開かねばならないときである。
南と北の姉妹兄弟たちよ!
海外同胞の青年学生たちは、醸成された厳しい情勢を打開し、「わが民族同士」の旗を掲げ、祖国半島の平和と自主統一の大通路を拓かんとした南北青年たちの提案を熱い気持ちとともにかみしめている。
南北、海外のさまざまな青年団体と学生たちが参加する青年学生統一大会合を一日もはやく成就させ、青年たちの滾る統一意志と民族愛、祖国愛をもって、民族の真なる幸せと未来である祖国の自主統一と平和繁栄を抱くため、正義のたたかいにおいて、先頭にたとう。
南北、海外の青年学生たちが第二の6.15、平和繁栄の10.4の風を吹き起こす先駆となり、反統一勢力の挑戦を粉砕することによって青年学生統一運動の新しい全盛期を切り拓いていこう。
われわれ在日同胞青年学生たちは、祖国統一の御旗のもと、海外に散在する同胞青年たちをより強く結束させ、南北、海外青年学生たちの連帯と連合をさらに強化し、祖国の自主統一と平和繁栄に有利な国際環境を作るうえで、特色ある役割を果たしていくであろう。
南と北の姉妹兄弟たちよ!
わが青年学生たちが先鋒となり、祖国と民族の未来を開拓しよう!
南北、海外の青年学生たちが参加する青年学生統一大会合を実現させよう!
ともに自主統一の明るい未来に向かって前進しよう!

2016年10月10日
6.15共同宣言実践日本地域委員会 青年学生協議会


 남과 북의 청년학생들에게 보내는 호소문

우리는 온 겨레가 조국의 평화를 수호하고 통일의 대통로를 열기 위한 투쟁을 힘차게 벌여나가고 있는 시기에 역사적인 10.4선언발표 9주년기념 재일동포청년학생문화공연《통일은 노래와 더불어》를 성대히 개최하였다.
2007년 10월 남과 북의 수뇌분들의 평양상봉이 또다시 실현되고 역사적인 10.4선언이 채택됨으로써 우리 민족은 6.15공동선언의 기치따라 자주통일, 평화번영의 새시대를 열어나갈 실천강령을 받아안게 되었다.
그러나 그때로부터 9년이 지난 오늘 반통일세력들의 악랄한 도전으로 겨레의 지향과 염원인 6.15와 10.4의 이행은 완전히 가로막히고 남북관계는 돌이킬수 없는 최악의 상황에 놓이고 있으며 조국반도에서 동족의 붕괴를 노린 외세와의 합동군사연습이 끊임없이 감행되어 민족의 머리위에는 핵전쟁의 검은 구름이 드리우고 있다.
우리 민족은 지금 영원토록 외세의 침략과 분단의 희생물이 되느냐 아니면 6.15와 10.4가 가리켜주는 민족자주와 민족대단결의 기치따라 온 겨레가 일일천추로 갈망하는 조국의 통일과 민족번영을 실현하느냐 하는 분수령에 있다.
우리는 오늘의 행사를 통하여 지나온 민족사를 다시금 돌이켜보고 민족의 수난과 고통앞에서 언제나 자기 몸을 들이밀어 앞길을 헤쳐온 것은 바로 우리 청년학생들이었다는 것을 가슴에 되새기게 되었다.
지금이야말로 우리 청년학생들이 조국과 민족의 참된 아들딸로서 외세의 간섭과 민족분단을 끝장내고 유구한 민족역사의 새로운 장을 우리 힘, 우리 손으로 앞장서 열어나갈 때이다.
남과 북의 형제들이여!
일본을 비롯한 해외동포청년학생들은 조성된 엄중한 정세를 타개하고 《우리 민족끼리》의 기치를 들어 조국반도의 평화와 자주통일의 대통로를 열어나가는데 우리 청년학생들이 앞장설데 대한 남과 북의 제안과 호소를 뜨거운 심장으로 접수하였다.
남과 북, 해외의 각계층 청년단체들과 청년학생들이 참가하는 청년학생통일대회합을 하루빨리 성사시켜 청년들의 들끓는 통일의지와 뜨거운 민족애, 조국애로 온 겨레의 참된 행복과 찬란한 미래인 조국의 자주통일과 평화번영을 안아오는 정의로운 투쟁에 앞장서 나가자.
남과 북, 해외의 청년학생들이 제2의 6.15열풍, 평화번영의 10.4열풍을 일으키는 기수가 되고 선구자가 되어 반통일세력들의 도전을 짓부셔나감으로써 청년학생통일운동의 새로운 전성기를 창조해나가자!
우리 재일동포청년학생들은 해외에 흩어져 사는 동포청년들을 조국통일의 기치아래 더욱 굳게 묶어세우며 남과 북, 해외청년학생들의 연대연합을 강화하고 조국의 자주통일과 평화번영에 유리한 국제적환경을 마련하는데서 특색있는 역할을 다해나갈것이다.
남과 북의 형제들이여!
우리 청년학생이 선봉대로서 조국과 민족의 미래를 개척하자!
남, 북, 해외의 청년학생들이 참가하는 청년학생통일대회합을 실현하자!
모두다 어깨걸고 자주통일의 찬란한 내일을 향하여 총진군하자!

2016년 10월 10일
6.15공동선언실천 일본지역위원회 청년학생협의회

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 私たち韓青では、今年も在日コリアン青年の夏の祭典、サマーキャンプを開催します。 何でも語り合え…
  2. 4月25日(火)から4月30日(日)まで、第19代韓国大統領選挙の在外投票が実施されています。在日韓…
  3. 朴槿恵大統領が憲法裁判所で弾劾審判が認容、決定された場合に行われる早期大統領選挙(大選)で、在外国民…

Facebookもチェック

ピックアップ記事

  1. 2016-11-14

    11.12緊急行動!韓国内に呼応して朴槿恵退陣要求同時行動を展開!

    日本各地でも街頭に響く朴槿恵退陣の声 11月12日、光化門広場で開かれた「 ‘모이자 분노하자 내…
  2. 2016-10-14

    10.4南北共同宣言9周年記念在日同胞青年学生統一文化公演「統一の世は、歌につれ」を開催し、南と北の青年学生に送るアピール文を発表。

    さる10月10日、6.15青年学生協議会が主催する《10.4宣言発表9周年記念在日同胞青年学生統一文…
  3. 2016-7-22

    《サマーキャンプ2016》参加者募集中!

    私たち韓青では、今年も在日コリアン青年の夏の祭典、サマーキャンプを開催します。 何でも語り合え…
ページ上部へ戻る